プロウスリブ ご家族連れにおススメのプトゥリ島

プロウスリブ プトゥリ島

プロウスリブ プトゥリ島

プトゥリ島 プロウスリブ はジャカルタからいける一番近いビーチリゾートとして、インドネシア人や外国人に人気の島です。が、よくある質問が、
プロウスリブ は色んな島があるけど・・どの島がいいの?
家族連れにおすすめの島はどこがいいの?
カップル、社員旅行やグループにおおすすめの島は?
そんな疑問にお答えしていきます。
プトリ島 の体験ブログはこちらから

プトゥリ島 のおすすめポイント

① プロウスリブ が初めての方へ

「お姫様・プリンセス」という意味の プトゥリ島 は ジャカルタ の アンチョール 港から船で約90分の距離に位置します。お部屋には温水や冷蔵庫もあり施設充実し、 プロウスリブ が初めての方におすすめの島。島内にはコモドドラゴンならぬ、オオトカゲが放し飼いになっているのでご注意を!

②ファミリーや小グループ、社員旅行 におすすめ

プトリ島 は他の プロウスリブ の島に比べて比較的大きく、また部屋数も多くなり、予約が取りやすいです。ただし、インドネシア人のグループの利用と重なることもあり、ご滞在中はかなり賑やかになるケースもあります。。
そして子供向けの施設が充実しているのが特徴。ミニスライダーや、ミニ水族館、サンセットクルーズ、グラスボトムボートなどがすべて無料で利用可能なのがファミリーには嬉しいです。プトゥリ島 日帰り ツアー に関して平日はスピードボートの運航がないことがあり、土日以外は予約が難しい。島には砂浜がない点はデメリットポイントです。

プロウスリブ プトリ島 への移動

プロウスリブ 高速船

アンチョール港の場所・出発

ジャカルタ市内から車で約1時間の場所に位置する マリーナ  アンチョール が集合場所。ここから プトリ島 が所有する高速船で約90分の移動になります。アンチョール の 港には、ミニコンビニやローカルのレストランがありますが、市内に比べると少し料金は高いです。
※各島によって乗り場所が異なりますのでご注意ください。 
※船は当日の予約の人数で大きさが異なります。

プトゥリ島 , , アンチョール
プトゥリ島の集合の目印
プロウスリブ高速船
プトゥリ島の高速船
高速船の船内

プトリ島 に到着

プロウスリブ プトリ島 に近づくにつれて、海の透明度も変わってきて、テンションもだんだんと上がってきます。
プトリ島 到着後は目の前には透明な海が広がります。

到着あとはこちらで受付
プトゥリ島 日帰り
目の前に広がる青い海

プトゥリ島 での過ごし方

プトゥリ島 の宿泊施設

お部屋はダブルとツインベッドの部屋があり、冷蔵庫、テレビ、エアコンが付いてます。1部屋に4人まで利用できるがマットレス使用になるため、2部屋4人利用でも料金は同じなので2部屋予約するほうがお得です。

プトゥリ島 ホテル
コテージタイプの宿泊施設
ホテルのお部屋
ホテルのシャワー・トイレ

お部屋内はハンドソープ、シャンプ―、タオルなど最低限の設備が備わっています。※ただし、少し汚れていたり、臭いが気になる方は持参をお勧めします。

プトリ島 でのアクティビティ

プトゥリ島 は サンセットクルーズ、グラスボトムボート、シュノーケリング、ミニ水族館などがありファミリー向けの島。宿泊者の特典として サンセットクルーズ 、グラスボトムボート 、ミニ水族館が無料で含まれます。海で遊んだ後はプールで、木陰で読書、また島の散策をしてみよう。島を1周すると20分くらいかかるが、横断するのはほんの2,3分の距離です。

マリンスポーツ

島にはツアーデスクがあり、こちらでダイビング、シュノーケリング、バナナボートなどのマリンスポーツのお申し込みが可能です。ただし、事前の予約ができず、現地でのご予約のみ対応になります。

プトゥリ島のツアーデスク
プトリ島 ツアー
人気NO1のシュノーケリング
バナナボートも!

ミニアクアリウム(ミニ水族館)

プトゥリ島のおススメ点は無料のアクティビティーがついている点です。その一つがミニ水族館。

,プトゥリ島
10Mほどの小さなミニ水族館

サンセットクルーズ

こちらも無料特典としてついてきます、但し1泊2日ご利用のお客様のみ利用可能。MIN10名様になり、人数が達しない際や天候が悪い際には運航がないこともございます。

プトリ島 , プロウスリブ
サンセットクルーズ

※サンセットクルーズの時間は日により異なります。当日、レセプションのスタッフにご確認ください。
※人数が少ない際、天候が悪い際などにはクルーズが運航しないこともあります。

その他のアクティビティー

プトゥリ島は他のプロウスリブに比べて大型の島でマリンスポーツの他にも施設が備わっています。

大型ホール
プレイグランド
プトリ島、プール
プール

プトゥリ島 での食事

プトリ島 のお食事は一般的なインドネシアンで魚、肉、スープ、ご飯と果物が調理法を変えてほぼ毎回同じである。特別辛い料理はないが決して美味しいとは言えないので・・お子様がいらっしゃる方は、ふりかけなどをこっそり忍ばせてもいいかもしれません。

レストラン
バッフェ

プロウスリブ のご出発前 アドバイス

こんなところにご注意

自然を生かしたリゾートで、海沿いのコテージ、窓の多い開放的なり、緑いっぱいの庭などは、南国リゾート気分を盛り上げてくれるが、実際に滞在してみると、悩まされるのが虫。。部屋にもよりますが、蚊や蟻が多いいです。最初に部屋のチェックをして蟻が多い部屋は変えてもらうか、虫除けスプレーなどの準備をお忘れなく。

ビールなどのアルコール販売

ビールの販売はしていますが、数が限られているので、できればご持参いただいたほうがいいです。持ち込み数が多いと、追加チャージが発生いたします。

ミニショップ

ご持参いただくと便利なもの

・薄手の長袖など。
・歩きやすい靴 、ビーチサンダル 
・夜は涼しくなりますので、羽織れる長袖の服をお持ちください
・水着・タオル(島のものがありますが気になる方はご持参ください)
虫除けスプレー、蚊取り線香
・長袖・日焼け止め、サングラスなどの暑さ対策
・乗り物に酔いやすい方は酔い止めの薬
・子供はいらっしゃる方はふりかけ等あれば便利です。

プロウスリブ は希望内容で島を選択を!

プロウスリブの各島はそれぞれの特徴があります。お客様のピッタリな島を見つけてください!

プロウスリブ ホテル 予約 はこちらから

プトリ島 ツアー のお申し込みはコチラ

ご旅行のご相談はこちらまで

ジャカルタ 旅行会社 のBEWISH TOURまで日本語でお問い合わせ下さい。,

お問い合わせ・お申し込み

プトゥリ島 , プトリ島 , プトゥリ島 ホテル , プトリ島 ツアー , アンチョール , プトゥリ島 日帰り , プトゥリ島 , プトリ島 , プトゥリ島 ホテル , プトリ島 ツアー , アンチョール , プトゥリ島 日帰り , プトゥリ島 , プトリ島 , プトゥリ島 ホテル , プトリ島 ツアー , アンチョール , プトゥリ島 日帰り , プトゥリ島 , プトリ島 , プトゥリ島 ホテル , プトリ島 ツアー 

おすすめ

(1)件のコメント

  1. プロウスリブ – パンタラ島 | Jakarta Bewish International Tour

    […] プトリ島 […]

コメントは受け付けていません。